ドライ素材、吸汗速乾などのドライTシャツについて考える




イベントやスポーツのシーンでも多く着用されているドライTシャツ。
ドライTシャツの中には、綿を含んだメッシュ構造にすることによってドライ機能を持ったもの(ハニカム構造などと言います)、ポリエステル100%のもの、シルキータッチ、coolplus、アウトラスト、等それぞれの機能を取り入れたものがあります。
もちろん、アウトラストやcoolplusなど高価な機能を取り入れたTシャツにはそれ何の値段がしますし、ポリエステル100%だけのものであれば、かなり価格が安いです。

吸汗速乾、ドライTシャツで注意したい点では、確かに吸水(汗を吸いやすく)も速乾(Tシャツが乾きやすい)も良いのですが、汗を発散したそのTシャツには、なんとその分臭いが残ってしまうこともあります。
臭いの原因である雑菌。そもそも臭いの原因はその人の汗の臭いではなく、雑菌が原因といわれております。
これが意外と汗臭くなり、消臭糸を使用していない場合は、吸汗速乾の機能にとらわれすぎて、Tシャツは乾いたのに、なんだか・・・・。ってなことになりかねません。
確かに汗は乾きやすいのですが、その分においケアが必要となります。

最も、低価格のポリエステル100%だけのものを購入するのであれば、替えに2〜3枚用意しておいた方が良いかと思います。
ドライなんだからすぐに乾いていいのに。その反面臭いには気を付けましょう。

Tシャツのお役立ち情報 - 過去コラム一覧 -
  • 送料無料、送料に関して
  • Tシャツの即日出荷はこちら
  • ムジスタイル公式インスタグラムはこちら

カテゴリーから探す

コンテンツを見る

モバイルショップ

モバイルショップアドレス
カモフラ柄ポケット スウェットトレーナー

カテゴリーから探す

コンテンツを見る